家をたてる

建設現場

岐阜県は中部地方にある県ですが、岐阜というと鵜飼いなどを連想する人も多いのではないでしょうか。また、天下分け目の合戦が行われた場所としても有名です。その岐阜県で新築住宅を建築する場合は、どのようなメリットがあるでしょうか。岐阜県の地価を見てみるとおおよそ若干の上昇傾向にあります。今は日本のどの土地でも上昇傾向にありますが、岐阜県も例外ではありません。岐阜県の中で一番人気は県庁所在地のある岐阜市です。そこで住宅を建てるメリットは交通の便の良さにあります。市街地であれば1平方メートル当たり18万円ぐらいの土地ですので、建物を含めても新築注文住宅であれば4000万円もあれば立派な住宅が建築できるのではないでしょうか。

新築住宅を建築する場合、その後の地価が気になるところですが、微増はするものの、バブルの頃のように大幅に地価が上昇するということは考え難そうです。ですので、土地が上がるまで新築住宅を建設しないというような考え方はせずに、その家族にとってベストなタイミングで新築住宅を建築するべきでしょう。後は、業者選びが重要です。地方になるとどうしても業者が限られてしまいますが、岐阜市内であれば先刻規模のハウスメーカーから地元密着の工務店まで様々な業者があるため、迷うとことです。新築住宅も決して安い買い物ではありませんので、慎重に業者選びを行いましょう。特に、見積もり段階でその業者の考え方がわかりますので、注意して他社との比較をしてみてください。